お問い合せ
お問い合せ

SNSでシェアしよう!

想い

「カリーノ」とはイタリア語で「かわいい」という意味です。
私たちは子どもたちに惜しみなく愛情を注ぎ、ある時は厳しく、ある時は優しく、
ある時は壁となって子どもたちを守り、
のびのびと保育園生活をおくれるような環境を提供し、
子どもらしく喜怒哀楽を素直に表現できる内面のかわいらしい
純粋な子どもたちに育ってほしいと願っています。

  • 充実した保育環境のもとで
    子ども達一人ひとりが自ら
    「発見する」「考える」
    「伝える」「行動する」
    等の経験を積み重ねて「知・徳・体」の
    バランスのとれた「生きる力」を育む。

  • 保育園での生活を通して
    「良いこと」「悪いこと」がわかり、
    相手の気持ちや自分の気持ちに
    気づき、自主・自立・協調性を
    養い、考えて行動のできる
    力を育む。

  • 生き物や物を大切にする気持ちや
    異年齢児交流・世代間交流・地域交流を通して、
    いたわり、思いやりの気持ちを大切にし、
    「肌」「髪」「言葉」の習慣の異なる人たちの
    関わり方がわかり、積極的に行動したり
    少子高齢化、国際化社会など社会の
    流れに合わせた次世代に生きる
    子どもたちに必要な力を育む。

園長からのメッセージ

松原カリーノ保育園では毎年多くの行事があり、そのどれもがとても楽しい物です。行事の前にはたくさんの準備があり大変なこともありますが、その分当日は子どもたちの多くの笑顔を見ることが出来とても幸せな気持ちになります。日々の保育の中では先輩である先生方が的確なアドバイスをしてくれ、困った時は助けて頂いています。なによりもいつもそばにいる子ども達の笑顔がやりがいに繋がっています。大変な仕事ではありますが先輩方と子ども達のおかげで、日々成長し楽しく過ごしています。

保育士からのメッセージ

入職当初は、話をしても聞いてくれなかったり、保育計画を立てても上手く行かなかったり、すごく悩みました。悩んだ数以上に周りの先生方には助けて頂きました。まずは、先輩の先生方の保育を真似る事から始め、少しずつ自分なりに保育を進めて行けるようになりました。日々の保育を通して焦らず子ども達との信頼関係を築くことが何よりも大切である事を実感しています。今では、悪戦苦闘しながらも多くの感動がやりがいに繋がり毎日楽しく保育が出来きるようになりました。

ページトップへ
ページトップへ
ページトップへ